男性

知っておくべきこと

笑顔の女性

双極性障害は別名で躁鬱病とも言われています。感情の起伏が激しくなる症状で、ストレスが原因で発症することがほどんどです。遺伝的要素の強い症状なので、家族に双極性障害に悩んでいいる人がいる場合は、家族でケアを行なっていきましょう。

Read More...

気分の波が現れる

医者

双極性障害は躁とうつが繰り返し発症し、次第に気分の波が大きく、サイクルが短くなっていく症状です。中高年に多いうつ病に対し若年層に比較的多く現れ、治療薬も抗うつ剤ではなく気分安定剤や抗精神安定薬を使用しながら気分の波を整えていきます。

Read More...

精神が安定しない病気

婦人

耐えられないほど気分が落ち込んでしまう時期と、不自然なくらい気分が高揚する時期が交互に現れる病気があります。それは、双極性障害という名前の病気です。双極性障害の症状はうつ病と間違われてしまうことが多いため、信頼できる専門医に診てもらうことが大切です。

Read More...

突然人格が変わる病気

医者と看護師

わかりやすい双極性障害の症状を例に、症状の判断方法について簡単に解説しています。双極性障害の患者さんは一見すると普通の人に見えるのですが、時々周囲を困らせて他人に社会的損失を与えたり、その責任を取らず身を隠したりするといった問題行動を取る事があるため、行動のポイントしっかり確認しましょう。

Read More...

躁うつ病とうまく生活

女の人

双極性障害の症状と、症状により問題行動が現れた場合の接し方について解説しています。家族が双極性障害を患ってしまうと社会的損失を及ぼしてしまう場合もあるため、周囲の人は対応に振り回されてしまいます。しかし接し方のコツを知っておく事で、スムーズな対応ができる場合もあるのです。

Read More...

躁うつ病の人への対処

カウンセリング

うつ病とは違う病気

双極性障害は別名躁うつ病とも呼ばれています。その名のとおり、躁状態とうつ状態が繰り返し起きることが特徴と言えます。躁状態とうつ状態は、症状がない寛解期を境として、交互に繰り返すことが多いとされていますが、躁とうつの混合状態が症状として現れることも時にあります。躁状態の時は、多弁になり、テンションも高く、周囲の人は当事者が精神的疾患に罹っているとは判断できません。しかし、躁状態も症状が進めば、理論的に不可能なことを可能と言ったり、常識から逸脱した行動も多くなります。そして、うつ状態に入ると、躁状態の時とは同じ人間とは思えないほど、落ち込みが激しくなります。躁の状態を知っている人は、その時のことを掘り起こして当事者を叱咤激励するも、何の効果も生み出しません。周囲の人のこのような行動は、当事者の症状の悪化を招く原因にもなります。また、時には自殺を実行することもあるので、この時期は特に注意が必要です。この双極性障害の症状は、比較的若い人に出やすく、初期の症状が出るのは、15歳から19歳に集中しています。また、原因については、様々な説がありますが、最近では遺伝的要素も大きいという説が一般的となっています。

治療の新しい試み

当然ながら、双極性障害は治療が必要です。投薬、心理療法を行うことで、回復の余地は十分にあります。ただ、周囲の気付きが遅れることで、病状が進んでしまうことが多々あります。プロである精神科医師ですら、正当な診断が難しいこともあるのです。双極性障害は、通常のうつ病に躁状態が加わったものという見方をする医師も多いのですが、実は全く別の病気なのです。従って、治療の方向性にも違いがあります。ただ、正当に診断できる医師でも、双極性障害の症状を見極めるためには、多少の時間を要します。そのため、それまでの観察期間は、治療法においても柔軟性を持ったものになります。また、最近の試みとして、うつ病治療に用いられる、薬を用いない心理療法を主体とする治療も始まっています。薬に頼らないで大丈夫なのかという世の中の声もありますが、実はこちらの方法で回復した患者の方が、再発率が低いと言われています。まだ、医学的データが出そろっていないので、正式な治療としては認知されていませんが、近い将来、正式な治療として認定されることになるでしょう。