男の人

気分の波が現れる

医者

気が付きにくい病気です

長期間、ストレスのある生活環境の中にいる事で、心と体に意欲や活力が失われてうつ病を発症することがあります。通常うつ病は抑うつ状態のみが続き、思考力が低下したり自責感が強まったりします。うつ病を単極性障害と呼ぶこともあり、同じような症状に双極性障害があります。この症状は抑うつ状態だけでなく気分の波があり、躁の状態では元気すぎる姿に双極性障害だと気が付かない場合が多くあります。躁の状態にあると異常に気分が盛り上がり、よく動いたり話したりします。また、寝なくても疲労感を感じずにいたり、ブレーキが効かない症状が現れます。単極性障害と比べて発症率は少ないのですが、比較的若年層に多く発症します。単極性は更年期障害などの影響から中高年の女性に多く発症するといわれています。このような気分障害は全世代で発症する可能性が出てきています。自覚症状はあまりなく、家族や周囲の人の助言がとても大切です。双極性障害の場合、躁の状態では判断が難しいですが、抑うつ状態とのギャップに気が付いたり、重度になってくると躁とうつのサイクルが短くなるため、気分にあまりにもムラがある場合には心療内科を受診しましょう。

気分の波を整えます

双極性障害は、躁とうつが交互に現れます。軽度の場合生活に支障はなく、気分の高揚と共にモチベーションが高まったりする一方、集中力がなく感情的になってすぐに怒り出したりします。気分の波が大きく、かつサイクルが短くなると薬物療法による治療が必要になります。単極性障害と症状は似ていても使用する薬剤が異なります。うつ病は感情をコントロールしている神経伝達物質の動きを活性化させる抗うつ薬を使用しますが、双極性障害の場合、気分の波をいかに鎮めるかが課題となります。気分安定薬や抗精神病薬を使って治療を行います。うつ病と診断され、双極性障害の人に抗うつ薬を用いても効果が期待できず悪化してしまう恐れがあるため、単極性か双極性なのか診断することが大変難しいものです。これらの症状を引き起こす原因は、脳内の情報伝達物質のバランスの乱れや慢性的なストレスから起こる精神的身体的苦痛である点は単極性障害と変わりません。その人の持つ性格が社交性に優れ、周りに気遣いのできる人ほど無理をしてしまうケースもあります。心と体にゆとりを持ち、生活環境を整えながら日々予防することも大切です。