男の人

精神が安定しない病気

婦人

治療方法

抑うつ状態と躁状態が周期的に現れる病気があります。それは双極性障害という名前の病気です。この双極性障害は、一昔前までは躁うつ病という名前で呼ばれていました。躁期に入っている時期は自分は万能であるという思いが湧き起こるため、本人にとっては非常に快適です。自分は何でもできると思い込み、客観的に見ると絶対に不可能なことをやり始めたりする結果、周囲の人が多大な迷惑を被るハメになるケースが多いです。しかし、本人は何も違和感を感じていませんので、病院へ連れていこうとしても素直に従いません。逆に抑うつ期に入ると、訳もなく鬱々とした重苦しい気持ちに襲われ、何をする気力も起こらなくなってしまいます。抑うつ期に起こる症状は本人にとっても耐え難いほど苦しい症状であるため、この時期であれば割りとすんなり病院を受診する可能性があります。双極性障害の治療を受けるために病院を受診すると、主に薬物療法を受けることになります。今は双極性障害の症状によく効く内服薬が出ていますので、それを投与した上で症状の推移を見守る医師が多いです。また、身体症状よりも精神症状の方が強く現れている人の場合は、薬物療法に並行して心理療法も行われます。

どのような病気なのか

双極性障害は、うつ病と間違われることが多いです。なぜかというと、躁状態に陥っている期間よりも抑うつ状態に陥っている期間の方が一般的に長くなる傾向があるためです。そもそも躁状態になっている時期は、いつもより精神が高揚して活動的になっていますので、本人がその状態を不快に感じることがあまり多くありません。特に、躁症状の現れ方がごく軽い人の場合は、周囲の人も不自然さを感じないことが多いため、抑うつ期の異常さばかりが目立つようになります。そのため、本人も家族もうつ病だと思い込むケースがとても多くなっています。しかし、抑うつ症状を改善するための薬を飲んでいるだけでは、躁期の症状を改善することができません。薬物療法を行いつつ経過観察をしていく過程で、実はうつ病ではなく双極性障害だったということが判明することがよくあります。一方、双極性障害の症状が精神面にほとんど現れず、身体面にばかり強く現れている場合は、仮面うつ病と間違われてしまうことが多くなります。しかし、仮面うつ病とは全く別の種類の病気ですので、豊富な治療実績を持つ専門医に診てもらい、正確な診断を下してもらうようにすることが重要になります。