男の人

知っておくべきこと

笑顔の女性

様子を見る

双極性障害、一般的に躁鬱病といわれています。ものすごく明るくテンションが高いの思いきや、別の機会には信じられないほど落ち込んでいるような症状があり、極端から極端へ走るような傾向があるので双極性障害といわれます。原因は完全にはわかりませんが、一般的に社交的で明るいような人がなりやすく、ふとしたときに発症することが多いです。生活習慣の乱れや、極度のストレスが原因で発症することが多いです。普段は明るい人が極端に落ち込んだり、自殺したいとかそのようなことを言うと危険信号です。ものすごく躁かものすごく鬱の状態なので安定がないのが特徴です。ストレスや生活環境、生活習慣、アルコール、その他の要因で発生しうるので、何か人生を変えるくらいのストレスを受けた後、様子が変わったのであれば双極性障害の可能性があります。大きなストレスとして、家族の死亡、離婚、失業、といった大きなイベントがきっかけになることが多いようです。もともとうつ病から双極性障害に発展することも多く。もともと安定していない精神状態に拍車をかけた状態といえるでしょう。

原因を探る

最も大きな要因と考えられているのが遺伝的な要素です。調査では家族に双極性障害の症状がある人は高い確率で双極性障害を持っているということがわかっています。遺伝の要素があっても、その症状がない人もいますが、前述したとおり、何かきっかけがあって発症する傾向があるので、それまでは普通に生活しても突如発症することがあります。遺伝の要素が大きいのでそのような人がいる家族は精神衛生状態を注意深く見守る必要があります。慢性的にストレスがかかっているような状態は危険な状態にさらしているようなことであるので、早めに対処が必要になります。普段からストレスがかかっている人が症状でやすいので、それを注意してストレスを軽減できるような環境を作ることが大切です。そうすれば、家族の死亡、離婚、といったビッグイベントに直面することがあっても、耐えることができる可能性が高いです。なので普段からのケアは不可欠です。伴侶が双極性障害の症状があることがわかったら、子どものケアも重要になってきます。